【左のポケット】その41「見世物小屋」 長島義明

Posted on 2月 27, 2008

e.jpg

「さー、いらっしゃい!、いらっしゃい!」

「世にも珍しい娘だよ」

「たこ娘に、ろくろく首、蛇娘だよ!」

「親の因果が此の子に報い、可愛そうに姿、形がこうなった。」

「名前はあるよ、お花ちゃんにお玉ちゃん、そして、もう一人、あさきちゃん。」
「お玉ちゃん、ちょっとお客さんに顔を見せておやり」

そばに開けられた鉄格子の窓の向こうで日本髪を結った女が、ちらりと横を向く。

「お玉ちゃんははずかしがってこちらを向かない。」

「日本全国広しといえど、たこ娘に蛇女、ろくろく首の娘に会えるのはここだけだよ。」

「そこの坊ちゃん、お嬢さん、おかみさんに旦那さん、後学の為、話のネタに

さー、入った、入った。見ていらっしゃい。」

「お代は1000円、さあ、お玉ちゃんが待ってるよ」

天満橋界隈の大川沿いに桜が咲いて、造幣局の通り抜けが始まると百を越す屋
台の隅で見世物小屋が立っていた。昔懐かしい、客を誘う呼び込む男はだみ声で、マイク片手に話しかける。

一昨年の通り抜けでは見かけたが、昨年、小屋は見かけませんでした。
なんでも大阪市の教育委員がクレームを付けたと云う事だ。人権上よく無いと
、長く続いた庶民の娯楽、規制するのは役人達の得意技。
こうして、いろんなものが消えて行く。

でも、僕には懐かしい。
夜店にお祭り、お花見と、屋台が出て、お化け屋敷や、見世物小屋が立ち、綱渡りする男や、火を吐く男、包丁売りの講釈に、がまの油売りや、バナナの叩き売り、あめ細工、小鳥のおみくじ。そんな店をオヤジの腕にすがりながら見に行った。

もちろん今の様にニンテン堂の携帯ゲームなどはない時代です。
インベーダーやエイリアンより、人間的でわくわくし、興奮したのです。

バイ、ベッタン、ラムネ、ビー玉、おはじき、おじゃみ、日光写真、紙芝居、金魚すくい、木登り、缶蹴り、チャンバラごっこ、竹馬、鬼ごっこ。

げんこつあめに、素こぶ、綿菓子、べろべろ、あべかわ、練りあめ、えびせん

ニッキ、ショウがあめ湯、

今の子供より遊びの対象は多かった。

マクドとゲームはなかったけれど、そばにはわんぱく坊主の明君も、かわいいお下げ髪のミキちゃんも居た。子供は沢山そばにいた。
今の子供はなにして遊ぶ?

オヤジは昭和の昔を思い出す。

Filed Under 【左のポケット】 | Leave a Comment

Author: 長島義明
Profile:日本及び世界の人々、風景を40年以上撮り続けるフリーの写真家。著書にアメリカで出版された「One World One People」 「One World One Child」、「阪神大震災」、がある。 写真展「平和だった頃のアフガニスタン」は日本各地で30回以上開催。アメリカ美術雑誌協会最優秀賞受賞
Data: 2008 年 2 月 27 日 at 11:44 PM

Leave a Comment

If you would like to make a comment, please fill out the form below.

Name (必須)

Email (必須)

ウェブサイト

コメント

Comments are closed.

DRAGON ART CREATOR’S REVIEW • Powered by WP • Management by Kouhei Muramatsu • Logo&Icon Kintaro Takahashi