[いけばな/鋏の音 4]  『涙のわけ』 紫苑

Posted on 9月 30, 2007

 

すっかり秋になった。
昨日までの真夏日はどこへ行ったの?と言うくらいに、唐突にそれはやって来た。

久しぶりに古巣の流派のHPにアクセスをした。
かつての仲間達はどうしているのだろう。
そんな他愛なく感傷的な気持ちだった。
ついでに、かつての恩師の名前も入力して検索をしてみた。
すると、モニターには懐かしい恩師を囲んだ集合写真が映った。
中央にいらっしゃるのは紛れもなくわたしが教わったH先生だった。
わたしは込み上げてくるものを抑え切れなかった。
それは簡単には説明のつかない涙であった。
単なる懐かしさなのか、その正体は定かではないが、まだお元気で活躍されているということが、たまらなくわたしの胸を打った。
わたしが恩師の元を去って、すでに四半世紀は過ぎたというのに……。

わたしはいけばなが大好きだった。
たとえ何かの理由で中断したとしても、人生の後半にさしかかった時には必ずもう一度いけばなをやりたい、というのがわたしの夢だった。
もしかしたら、子供や孫にそれを伝授できたとしたら、どんなに素敵なことだろうと思ったものだ。
でも、もうとっくにその年齢に達してしまっていることに、ふと笑いが止まらない。
まだまだ、ずっとずっと先のことだと思っていたのに、もうそんな時期は訪れていたのだ。
押入れの奥の方に、大事にしまってあった二級家元脇教授の看板を出して、しばし眺めた。
すっかり飴色に変色した看板には、わたしの雅号が入っている。
この看板に夢や期待を乗せていたことを、しみじみ思い出した。
当時の、わたしの一喜一憂が、見えてきた。
いけばなに心血を注ぐ娘を、背後からじっと応援してくれた両親の気持ちを思い出し、またわたしの涙を誘った。
ずっと続けていたなら、今頃は一級の看板をいただけていただろうに、わたしは途中下車したのだ。
もちろん、そのことは後悔していない。

そういえば昔。
長女がくれたお誕生日カードにはこんなことが書かれていた。
「大きくなったら家をプレゼントするね。母さんがいけばな教室を開けるくらい大きな家だよ」
模型を作って、それにこのカードが添えられていた。
わたしは、子供達に夢の話をしていたのだった。

そろそろ、一からまた始めてみようかな。
時には色恋より、何より最優先していた娘時代の、わたしの習い事。
だから、わたしは鋏を買った。
当時の、十分の一くらいの安物の鋏だけれど、筆は選ばない。
今のわたしにはぴったりなのだから。
秋の雨がしっとりと肌に絡みつく、そんな日にわたしは鋏を買った。

                      ☆

すすき(イネ科)@宇治・平等院 

Filed Under 【いけばな/鋏の音】 | Leave a Comment

Author: 紫苑
Profile:大好きな職業は専業主婦。 普通の主婦で生涯を終えたかったのに、願いは叶わず二度目の独身中。 掃除をしたり洗濯をしたり、家事を終えた時の充足感は最高です。 現在、生活の為にOLをしているので、早起きをして家事を楽しんでいます。 そして家事の次に好きなことが、花と文章を書くことです。 そんな日々を綴った『紫苑の吐息』を応援してください。
Data: 2007 年 9 月 30 日 at 11:46 PM

Leave a Comment

If you would like to make a comment, please fill out the form below.

Name (必須)

Email (必須)

ウェブサイト

コメント

Comments are closed.

DRAGON ART CREATOR’S REVIEW • Powered by WP • Management by Kouhei Muramatsu • Logo&Icon Kintaro Takahashi