【リ・名画 ~re-meiga~】Lot 3 フィンセント・ファン・ゴッホ作《ひまわり》 とに~

Posted on 6月 14, 2008

14euiothie.jpg

今日の名画は、ゴッホの《ひまわり》。

 

誰もが一度は目にしたことがある超有名絵画。

それだけに、おそらく多くの方が、じっくりとこの絵を観たことがないのではないでしょうか。

 

もし、見る機会があっても、

「あ、ゴッホの《ひまわり》だ」

「そうだね。うん」

と、まぁ、これくらいの会話しかしないのではないかと。

 

いやいや、さすがにもう少しするかもしれませんね。

「あ、ゴッホの《ひまわり》だ」

「そう言えば、日本にある《ひまわり》は、58億円で落札されたらしいよ」

「え~、ウソ~!」

「本当」

「じゃあ、目に焼き付けておかなくちゃね」

「そうだね。うん」

この場合、ある意味で、じっくりとは観るのでしょう。

 

しかししかし。

それでは、いけません!

もっとまっさらな気持ちになって、改めて名画を観てみようではないかというのが、この企画。

さぁ、皆さん、準備は出来ましたでしょうか?

 

 

この絵を改めて観て、まず僕が気になったのは、

“ひまわり以外は、意外と雑に描かれている”点。

 

花瓶の輪郭線が、何だかひょろっこくて貧相な感じですし、

壁とテーブル(もしかしたら、床に直置き?)の境目も、まさかの青色のひょろひょろな線。

ひまわりの部分を隠して観たなら、正直、誰の絵か分からないほど。

何だか、ゴッホっぽくありません。

 

さらに花瓶に注目すれば、こんなところにゴッホのサインが。

意外な遊び心。

これまた、ゴッホっぽくありません。

 

 

さて、そろそろ肝心のひまわりの部分を観ていきましょう。

 

…と、その前に。

一つ、皆様にご質問。

 

「あなたは、“ひまわり”と聞いて、何を想像しますか?」

 

夏。夏休み。

太陽。炎天下。

ひまわり畑。一面のひまわり。

ひまわりのような女性。

ひまわり娘。劇団ひまわり

 

…と、まぁ、ざっとこんな感じなのではないでしょうか(最後の方には、微妙なものも混じりましたが)。

 

 

はい。

ではでは、これを踏まえた上で、ゴッホの《ひまわり》をもう一度観てみましょう。

 

ゴッホの《ひまわり》は、おそらく多くの方がイメージした“ひまわり”とは、異なるものなのではないでしょうか?!

 

まっさらな気持ちで観れば観るほど、

「本当にこれ“ひまわり”か?」という不安な気持ちになってきます。

ひまわりというよりは、何だかタワシのようなモノもありますし…

 

今まではこの絵に慣れすぎていて、疑問に思ったこともなかったですが、

 

“そもそも、花瓶に15本のひまわりを活けるって、どうなのよ”と。

 

さすがに花のことに疎い僕でも、花瓶にひまわりオンリーで15本も活けるという無茶はいたしません。

 

 

しかし、このひまわり(っぽい花)。

じ~っと観ていると、今にも動き出しそうな気がしませんか。

それも、“そよそよ”とか“ちらちら”とか動くのではなく、

 

「プギャァーーーー!!」とか、

「ピギシューーーー!!」とか、

奇声をあげて、その辺を飛んでいる蝿なんかを捕まえそうです。

 

ん?

そんなひまわりの1体(ちょうど真ん中にいるヤツ)が、こっちを見ていますね…。

おぉ、怖いです。

こっちを見ないでくれよ。

 

ちなみに、ひまわりの花言葉は、

「あなただけを見つめている」だそうで。

ひー、だから、こっちを見ないでくれって。

 

 

今日の教訓。

「あなたはひまわりのような女性ですね」は、褒め言葉ですが、

「あなたはゴッホの《ひまわり》のような女性ですね」は、褒め言葉にならない。

Filed Under 【リ・名画 ~re-meiga~】 | Leave a Comment

【リ・名画 ~re-meiga~】Lot 2 葛飾北斎作《神奈川沖波裏》  とに~

Posted on 4月 17, 2008

aaeaaiceic.jpg

僕は今でも覚えています。

“永●園のお茶漬け海苔”の袋から、この《神奈川沖浪裏》が出てきた時のことを。

 

「やった~!『波』の絵だ!!」

 

当時の僕は《神奈川沖浪裏》というタイトルは知りませんでしたが、この絵が有名な一枚であることだけは、なぜだか知っていました。

だから、僕はこのカードが出てきて、大喜びしたのです。

 

それは、プロ野球チップスを開けたら、西武のデストラーデのカードが出てきたのと同じくらいの嬉しさでした。

Jリーグチップスで言うならば、ラモス瑠衣のカードが出てきたくらいの嬉しさです。

さらに、ビックリマンチョコで言うならば、ヘッドロココのシールが…

さすがに、もういいですね。

 

まぁ、とにもかくにも、それくらい嬉しかったということです。

 

 

そんなわけで、子供の頃からの長い付き合いである《神奈川沖浪裏》。

もうすっかり見慣れてしまった感はありますが、例によって、もう一度、まっさらな気持ちでじっくりと見てみようではないですか。

 

 

さてさて、どうしたって、真っ先に目が行ってしまうのは、やはり“波”。

この迫力は、本当に尋常ではありません。

 

しかし、この波。

よくよく見ていると、波というよりは、怪物のように見えてきました。

富士山をも飲み込もうかとするほどの巨大さで。

飛沫の部分が、どうにも爪を立てた手のようで。

ゴジラやガメラの新たな敵となり得るほどの波です。

 

「いやぁ、やっぱり、自然って凄いなぁ(^^)」と、お決まりの感想を、改めて感じさせられたところで、今回はお開き…としたかったのですが、

 

「?!」

 

波ばかりに気を取られて、肝心な部分を見落としていました!

とりあえず、「いやぁ、やっぱり、自然って凄いなぁ(^^)」という前言は撤回です。

 

そんな悠長な感想を抱いている場合ではありませんでした。

 

今まさに、この怪物のような波に、舟ごと飲み込まれようとしている人々がいるではありませんか!

よく日テレでやっている『衝撃映像!○○99連発!』みたいな特番でも、ここまで悲惨な映像はお目にかかれません。

 

そんな絶体絶命の危機に彼らが見舞われているというのに。

「凄い波だ!」「あんなところに富士山♪」などと、よく言えたものです。

大反省です。

 

とにかく、彼らの無事を祈りましょう。

しかし、時は江戸時代、たまたま通りがかった大型フェリーに救助されるだなんて展開は、まず期待できません。

ヘリコプターが助けに来るということもなければ、海猿が助けに来ることもないのです。

 

そう。見てわかるように、彼らが出来ることと言えば、皆で一か所に固まって、頭を下げて重心を低くすることだけ。

 

 

…って、それ、何の意味があるのでしょう?

あんまり意味ないと思うけどなぁ。

いや、絶対ないっ!

 

 

というか、そもそも、何でまたこの人たちは、こんな軽装備で、大荒れの海に、しかも沖まで船で出る必要があったのでしょうか。

そこで、一つ気になるのが、皆がお揃いの服を着ているとこと。

 

 

はっ!

もしや、島流しにあった囚人たちなのではないでしょうか。

ということは、この船は、今で言うところの囚人護送車。

 

じゃあ、波に襲われるのは、いわば天罰のようなもの。

だからこそ、この波はこんなにも怪物のように怒っているのかもしれません。

 

う~ん。何だか心配して、損しました。

 

 

 

まぁ、何にせよ。

今後、“永●園のお茶漬け海苔”の袋から、この絵が出てきたとしても…、

素直に喜べなくなったことだけは確実です。

Filed Under 【リ・名画 ~re-meiga~】 | Leave a Comment

【リ・名画 ~re-meiga~】Lot 1 レオナルド・ダ・ヴィンチ作《モナ・リザ》  とに~

Posted on 3月 24, 2008

yayeyey.jpg

レオナルド・ダ・ヴィンチ作《モナ・リザ》。

言わずと知れた名画です。                       

おそらく《モナ・リザ》ほど、多くの人々に知られた絵画はないでしょう。美術に全く興味がないという人でさえ、《モナ・リザ》の絵は必ずどこかで目にしたことがあるはずです。

また、《モナ・リザ》ほど、デュシャンやダリ、ウォーホルなど様々な芸術家たちによって、リメイクされた絵画もありません。

  

ところがです。

《モナ・リザ》ほど、人々にちゃんと鑑賞されない絵画もありません。

たくさん見る機会があるだけに、逆に、あえてじっくり観ることがないのではないでしょうか。

  

えっ?そんなことはない?

いえいえ、それが、そんなことあるのです。

  

2005年の秋。テレビで「クイズ ミリオネア」を見ていたら、こんな問題が出題されました。

  

 名画《モナ・リザ》の背景に描かれているものは、次のどれ?

 A.舟     B.橋     C.鳥     D.滝 

  

これ、なんと1000万円の問題。 

“《モナ・リザ》なんて、何度も見たことあるわ(笑)!”とタカを括っていたのですが、改めて問われると、これが難しい。しかも、小説『ダビンチ・コード』がベストセラーになって、書店にはダビンチ関連本コーナーが必ずあった頃の話だったというのに。 

  

「うーん、舟が浮かんでいたような…」 

  

さて、皆様は正解がおわかりになりましたでしょうか? 

  

正解は、Bの橋。僕は、不正解。舟が浮かんでいたような気がしたのですが…気がしただけでした。 

  

と、まぁ、何を言いたかったのかと言いますと、人は名画と言われている絵ほど、きちんと見ないものだということ。

何となく見ただけでも、ちゃんと見た気になってしまうのですね。

そこでです。もう一度、名画を改めて、ちゃんと見てみようというのがこの企画。

まっさらな気持ちで。初対面のつもりで。ダメ出しするくらいのつもりで見てみましょう。

すると、見えてくるはずです。

名画の新たな一面が。

その生まれ変わった姿こそが、『リ・名画』なのです! 

  

 

かなり前置きが長~くなりましたが、前置きが長くなるのは初回の常。

次回からは、もっとサクサク始まりますので、ご容赦下さいませ。

さてさて、そんなことを語りながらも、僕はすでに数分にもわたって《モナ・リザ》を見つめております。 

  

長いこと、じーっと《モナ・リザ》と見つめ合っていますと、ジワジワと、彼女の姿が怖くなってきました…。

“もう、こっち見ないで!”という感じです。 

 

だって、眉毛がないんですよ。

眉なしで、人前に出られるだなんて、レディースくらいなものです。はい。

しかも、この笑い方!

“モナリザ・スマイル”と言えば、聞こえはいいですが、僕には何かを企んでいるような笑いにしか見えません。 

 

夜中に見ているので、余計に怖い。お昼に見れば良かったです。

  

それでも、勇気を振り絞って《モナ・リザ》を見つめ続けていると、ついには、僕の頭の中で勝手なイメージが再生される始末。 

  

  

ある日、街を歩いていると、背後に感じる気配。

振り向くと、電柱の陰には微笑を浮かべたモナ・リザが…。 

  

うゎ~、怖いですねぇ…。 

  

  

また、ある時には、数回にわたって無言電話が。

「いい加減にしろ!誰だ!!」と声を荒げれば、「フフフフフフ…」という低音の笑い声。

「もう止めてくれ(涙)!!」という僕の声を、受話器越しに聞いて一人微笑を浮かべるモナ・リザ。 

  

怖い!怖すぎるよ…! 

  

  

またまた、ある時には。

前日から、振り続ける雨。

ふと悪寒がして、カーテンを開け、2階の窓から階下を見下ろすと、そこには傘もささず、こちらを見つめ続けているモナ・リザが…。 

  

怖っ!モナ・リザさん、もう許して下さい!! 

  

  

もうこれ以上、絵を見続けるのは止めにします。精神的によろしくないです。 

  

今までの人がどうだったのかは知りませんが、僕の中で、今、はっきりとモナ・リザは恐怖の対象へとなりました。

その怖さは、もはや映画「リング」の貞子に匹敵するほど。

これから、どうこの絵を見てよいものやら。 

  

そうそう、かつて日本人を恐怖のどん底に陥れた貞子と言えばですよ。

今や、ネットの世界では“貞子たん”という萌えキャラになって人気が上昇中なのだとか。

初めて、“貞子たん”を見た時、人間はこうやって恐怖を克服するのだなぁと、僕は軽く感動すら覚えました。 

  

ということは、モナ・リザも同じようにキャラにしてしまえば、怖くなくなるわけで… 

  

  

あ!そこで、気がつきました。

デュシャンやダリ、ウォーホルが、《モナ・リザ》をリメイクした本当の理由って…。

もしや?まさか!いや、そんな…。 

  

  

  

そんなことを、一晩考えていたら、すっかり日が昇ってきてしまいました。

お日さまが笑ってる。

モナ・リザも笑ってる。

Filed Under 【リ・名画 ~re-meiga~】 | Leave a Comment

DRAGON ART CREATOR’S REVIEW • Powered by WP • Management by Kouhei Muramatsu • Logo&Icon Kintaro Takahashi