【悪魔の使いに誘われて】(その5、最終回) 長島義明

Posted on 11月 15, 2007

yeyayayuaethey.jpg
暗い夜道で幾度も転けそうになりながら、やっと家にたどり着いた。
薄暗い部屋に油の灯明が黄色く輝いている。誰か灯をつけてくれたのだろう。
「お帰り」
だれも居ないはずの部屋、隅の方で少年の声がした。
驚き、隅を見ると少年が座っていた。
「君はーーー、君は無事だったのか、崖から飛び降りたのは君ではなかったのか」
少年の前に座り彼の顔をまじまじと見た。
「赤いマントを羽織り、確かに飛びましたよ」
「あれは僕の役目なのです、赤ん坊を抱いた女性が飛ぶための先導役でした」
「そうだ、赤ん坊を抱いた女性はどうした、彼女も助かっているのか」
「いいえ、あの女性は赤ん坊と崖から飛び、谷底に落ちて行きました」
「わけがわからない。いったいどうなっているんだ。それに、あの恐ろしい儀式はなんの為の儀式なんだ。参列者はどうして女性ばかりなんだ。わからないことばかりだ。教えてくれ」
「お話しましょう。その前にお腹がすいたでしょう。すこし食べませんか」
そう云えば、昼に少し食事をしてから何も食べていない。少年に云われ、急に空腹を感じた、喉も乾いている。
 少年が差し出した木の皿にはコブシほどの固まりが5個乗っていた。それに蒸したアワの入ったお椀。汁が入ったお椀。
2人でそれを食べた。黒っぽい固まりは肉を焼いたものだった。
「何の肉?」
「お供え物の肉ーーー、鳥、うさぎ、やぎ、ーーーー、」
僕はその肉を食べ、アワを食べ、汁を飲んだ。何の肉でもいい、まさか人間の肉はないだろう。汁にはジャガイモと薬草のような物が入っている。
食べながら少年は語りだした。
「今日の儀式でいけにえになったのは病にかかり助からなくなった男性です。そして、崖から飛び込んだ女性は彼の奥さんです。奥さんも病にかかっていました。白い布に包まれていたのは彼等の赤ん坊ですでに死んでいました。その赤ん坊も病にかかっていたのです。あの一家は病にかかってから村の外れの家に住む事になりました。それから、5回の満月を迎えました、シャーマンの判断で助からない事がわかりました。男性も奥さんも死がまじかだったのです。
男性はいけにえの道を選びました。村の人に自分たちの病が移らないようにする為です。この村では昔から助からない病にかかれば、時期をみて儀式を行います。死者が出た時も同じです。別のチベット族の中には鳥葬を行うところもありますが、この村では火葬をするのです。そして、崖の下の谷に葬ります。僕は彼女たちを導く為、赤いマントに火をうっし、崖から飛びましたが、落ちるのは火のついたマントだけです。崖の端に繋がれたロープに足をかけ、飛んだ後、崖の下5メートルの処にある道をつたって村に帰ってくるのです。それが僕の役目、(悪魔の使い)です。おわかりになりましたか」  少年は一気に話終えると水をゴクリと飲みほし、笑顔をつくった。
それにしても変わった風習だ。
「儀式はまだ終わりません、月が天中に上がる頃、お寺の祭壇で面白いものが見れますよ。行かれますか」
まだ、なにか行われるのか。食事も食べたので疲れもなくなっていた。
ぜひ、それを見たいと少年につげた。
「まだまだ時間があります、それまでこれを飲んでゆっくりして下さい」
少年が差し出す木の筒からお酒のような飲み物を椀に受け、ゆっくりと飲んでみた。プンと匂いのある甘い液体は醗酵していて、少しお酒のようだった。なかなかいける。ヤギのヨーグルトにアワを入れ、醗酵させた物に山に自生する青いケシの実の汁を混ぜた物だそうだ。いっぱいの椀に入れたその飲み物が無くなる頃、僕はすっかりいい気分になっていた。灯明の灯がずいぶん明るさを増し、暗いはずの部屋が輝いて見える、自分の体も軽く、浮き上がる気分だ。少年の顔が揺れてたのしい。
「さあ、行きましょう」
僕たちは暗い道をお寺に向かった。
祭壇の上で4、5人の人が跳ねている。その回りをヤギの毛皮をかぶった人達が座り、なにやら歌を歌っている。ずいぶん楽しそうだ。
飛び跳ねた人はしばらく空中に止まり両手を広げ舞、落ちて来る。
笑いながら、僕も少年もそれを観て楽しんだ。
月は天中に青く輝いている。
それから、何が起こり、いつ家に帰ったのか、まるきり記憶がない。
僕も踊りの輪の中に入り踊った様だがはっきりしない、体が中に浮いて楽しかったようである。
翌朝、お寺に行ってみたが祭壇の上には綱が張られ、その綱に赤や黄色の三角の布がぱたぱたとはためいているだけだった。
寺には子供の坊主をふくめ、参拝者がなかに入って行く。
僕はその村を去る事にした。3日ほど歩けばネパール、カトマンズにたどり着けると聞いたからだ。少年と別れ、ネパール方面に向かう3人の男と連れ立ち僕は村に別れを告げた。遥か遠く、山々の向こうにエベレストが見える、
雲は山の下からわき上がり、流れて行く。
人の死など、この自然にくらべればなんとささやかなことだろう。
「いけにえ」になった男の事も、崖から赤ん坊をだいて飛び降りた女性の事も、自分は「悪魔の使い」だと云った少年の事も、宙に浮かんで舞っていた人の事も、だんだん記憶から薄れて行く。
雪をいただく山の嶺峰をながめながら、次に行く村ではどんな出会いがあるのだろうと思いをふくらませていた。          終

aecyoyyo.jpgyyuyiyyei.jpg

Filed Under 【悪魔の使いに誘われて】 | Leave a Comment

【悪魔の使いに誘われて】(その4) 長島義明

Posted on 11月 14, 2007

yyaythyo.jpg

お寺を出ると少年は少し用事があると云ってどこかに行ってしまった。一人になった僕は村中を歩いた、と云ってもわずか30件ほどの家がある小さな村である。坂道の両側に石積みの家が列んでいる。すべての家の玄関は閉じられていて、人の声は聞こえない。時々、ヤギの鳴き声とニワトリの鳴き声が聞こえるだけである。3件の家の玄関に卍を書いた紙が張ってあった。なにを意味するのか。4時頃であったろうか、銅鑼の叩く音が聞こえて来た。ヤギの首に紐でつなぎ、裏山にむかう老婆に出会う。ニワトリを抱いた女性が3人、広場に向かう。銅鑼の音に誘われて、僕も裏山に登っていった。丘の隅に丸太で作られた干場があった、両足をくくられたヤギがぶら下げられ、喉をナイフで切られ、血がポタポタと下に置かれた桶に落ちていた。さきほど、女が持って来たニワトリも足を縛り、吊るされ、喉を切られていた。滴る血はやはり下に置かれた桶に集められている。
崖に近い、広場の東に祭壇が作られ、その先に木を井型に護摩壇が組まれている。
やがて笛の音と読経に先導された女性たちが板の上に乗せた「いけにえ」を担いできた。朝、見た時と違い白い布に包まれて、鎖は外されていた。
「いけにえ」の胸のあたりは出血の後だろうか、どす黒く染まっていた。ヤギの革袋がふくらんで置かれている。その先端にするどく斜めに切断された鉄の管がついていた。おそらくその管を「いけにえ」の男の胸に突き刺し、血を抜いたのだろう。「いけにえ」はピクとも動かず死んでいる様だ。
30才を過ぎて、病に侵され、満月が5回巡ってきても回復しない場合、男は自分から進んで「いけにえ」になる。家族が病魔に侵されないように、村人に病が伝染しないように。その間、村の男たちは村から出るか、家の中にいて外に出れないのです。
広場には続々と人が集まってくる。これだけ人が居たのかと思うほどの数だ、それも女性ばかり、男はいない。全ての女性が村で出会った女性のようにヤギの毛皮をまとい、蛇のような長いトルコ石を散りばめた飾りを頭上に乗せて読経しながらやってくる。
 読経の流れる中、「いけにえ」は護摩壇の上に乗せられ、ヤギ、ニワトリもそばに置かれる。粟、稗がその上にバラまかれ、ヤクのミルクもかけられる。花と野草もそえられる。最後に香水がふりまかれ、老婆が現れ、両の手を天に上げ、なにやら呪文を唱える。

大きい椀が参列者に渡され、中の液体を回し飲みにする。僕にもその椀が回って来た。
白く濁った液体は生臭く酸っぱく、苦い味がして、動物の血が混じっていた。後で聞いた話では青いケシの実の汁も含んでいると云う。
椀が参列者に行き渡ったところで、松明を盛った6人の老婆が護摩壇を囲む。
e.jpg
再び、呪文が唱えられ、読経が流れる中、松明が護摩壇に投げ入れられていく。
松明の火は「いけにえ」を包んだ布を燃やし、ヤギの毛を焼く。護摩壇の木に炎は広がり、毛を焼く臭い匂いがたまらなく不愉快にさせる。
 燃え広がる炎の中、突然「いけにえ」の体は火をまとい半身を起こした。
リンが解け落ちる青い炎が「いけにえ」の体から飛び散る。
長い棒を持った老婆が「いけにえ」を棒で突つく。「いけにえ」が倒れ炎が上がる。
僕は少年にカメラを渡していたが、内緒でポケットカメラを忍ばせていた。そのカメラを誰にも気ずかれない様にとりだし、シャッターを一枚切った。
炎には何が写っているのか。
 僕の頭のなかで何か変化が起こっている。胸の動悸が激しく、頭が朦朧としてくる。
読経の響きに酔い、炎の激しさに酔い、、椀に入った怪しい液体に酔った。
護摩壇が激しく燃え、儀式が終焉を迎える時、6人の老婆がふたたび現れ、燃えつきる護摩壇と「いけにえ」、供物を、長い棒で後ろの崖から谷底に撞き落としていった。炎は「いけにえ」やヤギの体、護摩壇の木にまとわりつきながら、谷底に落ちて行く。
その時、不意に、赤いマントを身にまとった少年が祭壇の前に現れ、残り火に中に入って行った。あっ、と云う間もなく、少年はマントを広げ、崖から空を飛んだ。下は何十メートルもある谷底だ。残り火は激しく燃えあがり、読経の声は大きくなる。
白い布に包まれた子供を抱き、女性がひとり立ち上がる。ふらふらと祭壇にちかずき、呪文を唱えると彼女もまた空をとんだ。
 僕はその光景を見ながら身動きひとつ出来なかった。
あまりにふいで、異様な恐ろしさを目の当たりにして、興奮していた。
しばらくして、体中に鳥肌が立ち、身震いが止らない。
崖の向こう側に青い火が人のかたちをして立ち上がり、ゆれて消えて行く。
空はすっかり暗くなり、満月が雲の間を見え隠れする。
なんだかすごく疲れている。
僕は疲れた足を引きずりながら、とぼとぼと昨夜泊まった家に向かった。
                        ーーーーー続く。
yeyayayeoi.jpg

Filed Under 【悪魔の使いに誘われて】 | Leave a Comment

【悪魔の使いに誘われて】(その3) 長島義明

Posted on 11月 13, 2007

yoyyocyoyeyyyouiyyo.jpg

「いけにえ?」
「そうです。生け贄に選ばれた人です」
「この村ではなにか重大な事がある時は生け贄を神、仏に捧げます」
「まさか、その生け贄になった人を殺すのじゃないだろうね」
「殺しはしませんが、生け贄になる人の儀式の手助けはします」
「儀式は朝に訪れた裏山の丘、ヒマラヤの山々が見える所で今日の夕方行われます。それまで時間があります、お寺に行ってみませんか」
僕は生け贄の事が気になったが、少年に促されお寺にむかった。
寺は村の外れにひときわ大きく建っていた。ずいぶん古い建物だ。
uecyeyayay.jpg
寺の正面入り口の前で一人の女性が正装して、地面にひれ伏し、祈っていた。
女性が祈る言葉はお経のような、呪文のような、低く、それで力強い、地の底から聞こえて来るような声だった。女性の声と云うより、動物の声に近い。時々体を起こし、またひれ伏し、休む事無く呪文をとなえ続けている。それは生け贄の儀式が行われる夕方まで続くと云う。
寺の中は薄暗く、油を燃やした灯明がひとつジリジリと音をたてていて、人の気配はない。正面の奥にいつの時代に作られたものか、古い千手観音の像が安置されている。3Mほどもある立派なものだ。こんな山奥にあるのが信じられない。普段は白い布で覆われているがその日は特別な日なので布が外されていたのです。石作りの寺の天井には太い木の梁が何本も黒光りに光っている。この寺がいかに重要なものか、それを見ただけでもわかる。
それにしてもこの寺のことはどの案内書にも、どの文献にも紹介されていない。どうしてだろう。いや、この村のことさえ紹介されていない。地図に名前さえ乗っていないのです。
千手観音をみて、寺の外に出ようと振り向いた時、右側の壁に曼陀羅の絵が描かれているのに気随いた。
その曼陀羅は変わっていて、普通真ん中に居るはずの大日如来がない、変わりに宇宙の真理を解いた絵が描かれていた。
その図の円の一番外側に炎が描かれている。「火」
拝火教、別名、ゾロアスタ教。古代ペルシャで起こった「火」の信仰宗教。
ペルシャからインド、アフガニスタン、トルキスタン、中国西域地方に広まり、中央アジアを席巻した宗教。当時、ペストやコレラなど伝染病が流行するとなす術がなかった。村全員の人が伝染病にかかり生き絶える。大きい都でもそうだ。それを食い止めるには「火」の力を借りるしかなかったのです。拝火教はそんな地方に広がって行った。仏教が起こり拝火教が衰退して行く過程で、拝火教の儀式が仏教に取り入れられた。今でも日本の密教で行われている護摩を焚く儀式はそのなごりだ。と僕は思います。
全て、「火」の力で消滅してしまう。奈良、平安時代に度々遷都が行われた
理由のひとつにそんなこともあったのではとーーーーー。
話がそれてしまいました。
この寺はそんな拝火教が色濃く残る仏教寺ではないのか。そんなおもいを抱きました。
少年はずーと携えていた細長い包みの紐をほどき、それを仏前に供えた。
中から出て来たのは先が二股になった剣です。ラダックで会った貴人の女性から託された物だ。刃は鋭く光り、その形はおどろおどろして初めてみる。儀式用の剣だ。
どうしても10才か12才程にしか見えない少年に、僕は疑問を感じ、その時年齢をたずねた。
「本当のところ君の年齢はいくつなんだい」
悪魔の使いだ、と名乗る少年はこたえる。
「21才」
うそだろう、そんなはずはない、どう見ても12才より上には見えない。
「あなたが信じようと信じまいと自由です。でも僕は21才なのです。
母はこの村の出身でヒンズー教徒のインド人の男に犯されました。そして僕が生まれ、母は亡くなりました。それ以来、僕は悪魔の使いとしてこの村で育てられたのです」
少年の話し振りは12才の言葉ではなかった。
この村では30才になると、男は誰でも生け贄になる権利を持つと云う。
それは名誉であり、恐ろしい事ではない。らしい。
夕方の儀式は何年も前から続いている儀式で、そこで空を飛ぶ人を見る事が出来る。ただし、絶対に写真を撮らない事。それだけは守らないといけない。カメラも僕にあずける事。それが約束だった。
信仰にはさまざまな秘密がある。僕は約束は守ると告げ、夕方の儀式を待った。          ーーーーー続く。
yeyayaycyuyoyu.jpg

Filed Under 【悪魔の使いに誘われて】 | Leave a Comment

【悪魔の使いに誘われて】(その2) 長島義明

Posted on 11月 10, 2007

翌朝、夜明け前に少年に誘われて村の裏の丘に登った。
遥か彼方、東の方に雪を被った山々が見える。その姿は清々しく、神々の峰と呼ぶに相応しい光景であった。
「おじさん、あの一番高い山、知っているかい」少年が指差す遥か彼方に一段と高い峰峰が白く輝いていた。
「エベレスト」少年が云った言葉に僕は、はっ、とした。
世界最高峰の山、エベレスト。
日が昇るまでその場に佇み、山々が明るく変化する姿を眺めていた。

家に帰り、昨夜と同じように少年は何処からか朝食を運んできた。
頭蓋骨の内側に銀の板を貼付けた椀、その中に蒸した粟(あわ)に酸っぱい乳白色の汁がかかっている。ヤギかヤクの乳だろう。すでに醗酵して酸味がきつい。しかし、まずくは無い。
朝食の後、僕たちは村のお寺を訪ねた。その時初めて村人に遭遇した。
ヤギの毛皮を身にまとい、例の青いトルコ石がついている飾りを頭に被っている。象の耳のような身なりもラダックで会った女性と同じである。
寺の前の広場に祭壇のような5M四方の四角い高台があり、村人が集まっている。何か祭壇に置かれている様だ。僕は祭壇で異様な物を見た。
それは明らかに人間とわかる。布に包まれ、鎖でしばられていた。
これはいったいなんなんだ。おまけにカギまでかけてある。
それを取り囲む村人が唱える呪文のような声。
時々、袋の中で動く事を見ると、中に居る人はまだ生きている様だ。
僕は少年に訪ねた。
「これは、なんなんだ?」英語を話すのは少年しかいない。
少年の表情が気味悪く変化する。
「いけにえーーー」「仏への生け贄ですーーー」
                        —続く。

yoythyeyai.jpgyeyayayi.jpgeoa.jpg

Filed Under 【悪魔の使いに誘われて】 | Leave a Comment

【悪魔の使いに誘われて】(その1) 長島義明

Posted on 11月 9, 2007

eaio.jpg602996544_228.jpg

ラダックの祭りの翌日、僕は一人の不思議な少年に声をかけられた。
「おじさん一人かい」
「そうだよ、日本からきたのだよ」
少年は顔も体も色粉を塗り、仮装している。
「僕は悪魔の使いなんだ」
「おじさんは空を飛ぶ人を見た事があるかい」
「そんな人間がいるわけないじゃないか」
「僕が案内するからついて来るかい、その代わり、案内料として10ドル払ってよ」  
「10ドルとはずいぶんぼったくりだな」
そうは思ったが「空を飛ぶ人」と云う言葉に興味を持ち騙されるのを覚悟で
少年の話に乗った。その村に行くには一人の女性の許可がいると云うのでその女性に会いに行った。
女性は天然の真珠の首飾りをし、頭にはトルコ石の飾りをつけて、象の耳のような身なりをした貴人であった。ある部族の長だと云う。
その人の許しを得て、僕は翌朝、少年とヤク(牛より大きい動物)に乗り、険しい山道を登っていった。富士山よりはるか上の標高にその村があり、仏教を信じる人達が住むと云う。村には古い寺が一軒ある。
悪魔の使いだと云う少年と5、6時間もヤクの背中に揺られその村についた。ヒマラヤの山の中にとけ込むように人けのない村は、入ったとたん妖気が漂う不思議な空気を感じた。
空は茜色に染まり、夜がすぐそばにやってくる。
とりあえず、少年の指図にしたがい一軒の家に泊まることにした。
油がじりじりと灯をともす中、どこから持って来たのか、少年の差し出す食べ物を食べ、納屋のような部屋で眠りについた。
ーーー続く。

Filed Under 【悪魔の使いに誘われて】 | Leave a Comment

DRAGON ART CREATOR’S REVIEW • Powered by WP • Management by Kouhei Muramatsu • Logo&Icon Kintaro Takahashi