[アー画 ~アートな映画をご紹介~ 1] 『クリムト』 ~絵画のような映画~

Posted on 4月 8, 2007

DVD『クリムト デラックス版』2007/04/25発売 4,935(税込) 販売元:ジェネオン エンタテインメント
DVD『クリムト デラックス版』
2007/04/25発売 4,935(税込) 販売元:ジェネオン エンタテインメント

絵画や立体など、多くのアート作品には言葉がない。明確な言葉を持つものは書道くらいだろうか。それも言葉が言葉として意味を成すのではなく、言葉をモデルに見立てて墨を画材に絵画を描くようなものであり、伝達を目的に言葉を使うものではないとも言えよう。
この映画もまた、そんな作品なのだ。
グスタフ・クリムトといえば、言わずと知れたアール・ヌーヴォーを代表する画家である。芸術の都ウィーンの栄光が終焉を迎えようとしていた19世紀末、クリムトもまた死の床についていた。性病である。
彼の脳裏には、それまでの人生が走馬灯のようにめぐる。官能的な作品はウィーンで非難を浴びたが、逆にパリでは万博で金賞を受賞するなど絶賛される。対象に触れないと描けない彼はモデルと関係を持ち30人もの子どもを作るが、恋人にはプラトニックを貫く。代表作「接吻」のように甘美で妖艶なエロスで”生”を表す一方、少女の遺体を描くことにより、すべてに訪れる”死”をも見つめた。チャンスを与えた若い画家からは自分の才能を脅かされ、あれだけ多くの女性に囲まれながらも「宿命の女(ファム・ファタル)」との恋はなかなか成就しない―――。日本の琳派(りんぱ)の影響を受けた作風で”東洋”と”西洋”とをカンバスに共存させたように、彼の人生は対極から対極へ極端に揺れ動いていたのだ。
本作もまた、揺れ動き続けて留まる所を知らない。時系列は無視され、シーンとシーンも繋がりを持たず、細切れの時間がシャッフルされる。死の間際にある彼の脳内のように、思考は意味を成さない。ストーリーを追おうとしようものなら、すべてが混乱してしまう。台詞の言葉は言葉として機能しているのではない。書道のように、絵画の意味合いを持つものなのだ。―――そう、この映画は絵画そのものなのである。

2007/4/4 LINDEN

公式サイト(一部地域で6月8日まで公開中)
http://www.klimt-movie.com/
■アマゾンでのご購入はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/B000NIVIP0

Filed Under 【アー画 ~アートな映画をご紹介~】 | Leave a Comment

DRAGON ART CREATOR’S REVIEW • Powered by WP • Management by Kouhei Muramatsu • Logo&Icon Kintaro Takahashi