Swing  高橋キンタロー

Posted on 6月 14, 2008

tchavolo2.jpg

greengreen2.jpg

僕のスウィング/2002トニー・ガトリフ監督
白人少年マックスの短い夏休み。ジプシーの少女(スウィング
)との出会いと小さな恋、そしてやってくる別れ、あこがれの
ギター弾き(ミラルド)との交流を描いた佳作。素晴らしい音
楽と少年期のひとときを描く内容への感情移入と、長く余韻が
続きます(ぼくはいい映画は余韻に比例すると思ってる)
ちなみにジプシーというのは「エジプトから来た者達」を意味
し「EGYPTIAN」が「GYPTIAN」に短縮され、最終的に「GYPSY」
になったそうで、差別的な意味合いから最近ではロマと総称さ
れ、さらに放浪系をボヘミアン、フランス辺りではジタン、マ
ヌーシュと呼ばれてる。もっとたどればインドのカースト制度
の最下層から逃れた避難民の末裔らしい、ジプシー・ミュージ
ックのエッセンスはインド音楽。ジプシーといっても知り得な
いほど多種多様な歴史、生活スタイルがあるわけで、もちろん
被差別的な存在である事は今も変わらない。
少し前の映画ですが、自身ロマの血を引きマイノリティを描き
続けるトニー・ガトリフのこの映画でジプシーの生活や歴史を
垣間みることになります。
http://jp.youtube.com/watch?v=QeC9mY_GuYg&feature=related

ぼくは少年期を描くものに弱い。
転校生であった事も影響してか、出会いとか別れといったこと
にに弱い。
といっても子供の頃が繊細であったとか、大人に翻弄されたな
んて思っているわけでもなく、そんなことはあたりまえにしか
思っていなかった。さっきまで泣いてたのすっかり忘れて今大
笑い、子供の適応力は高い。別れがどーのなんて知るのは大人
になってからだから。
でも2度目の転校の時に先生が「みんなで××くんのために歌
ってあげましょう」とかなんと言って、前に立たされてあすな
ろとかいうわびし気な歌を歌われた。転校なんて、次はどんな
ところに行くのかななんてワクワクした気持ちしか無くて最初
はへらへらしていたのが、あれ?・・ぽろり。・・何これ?・
・れ?れ?・・みんなひどいよ、恥ずかしいよぉ、と思っても
涙がぼろぼろ。終いにはふぇっく、ふぇっく、ふえ~ん。西原
理恵子風に号泣。
叱られたりコケたりでなくても涙が出る事をはじめて知る10歳
の冬。

・・・ともかく。
「マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ」「ペレ」「スウィート・
シクスティーン」「ケス」「旅立ちのとき」「セントラル・ス
テーション」、「ピショット」や「シティ・オブ・ゴッド」に
いたるまで少年期を描いたものに弱い(今思い出したものをテ
キトーに並べただけ。他にもありそうだ)「大人は判ってくれ
ない」は古すぎるし「ギルバート・グレイプ」は少年期を過ぎ
てるかな?
邦画では「どこまでもいこう」(これ、だれも見ていないよね
?)
今はメジャー監督になった塩田昭彦の初期作品で知ってる役者
が一人も出てこないマイナーな映画。小学校5,6年くらいの団
地住まいの少年ふたりの日常を描く。大人の目線による解説を
省いた等身大の子供を描く。窓から紙飛行機を投げるだけのシ
ーンにじんとくる映画はそうはない。

・・横道にそれました。

映画「僕のスウィング」の音楽を担当し、自身ギタリストのミ
ラルドを演じたチャボロ・シュミット(ジャンゴ・ラインハル
トの最も忠実な後継者といわれる伝説的ギタリスト)来日しま
す。
http://www.plankton.co.jp/tchavolo/index.html

写真は2006年の来日時、たばこプカプカのチャボロ。

Filed Under 映画 | Leave a Comment

スウィートな手紙 Colleen – Hauschka  高橋キンタロー

Posted on 1月 31, 2008

hauschka.jpg

Colleen – Hauschka/コリーン-ハウシュカ
1/28ドイツ文化会館ホール
http://www.windbell.info/evnt_clnhaus.html

ヴィオラ・ダ・ガンバというチェロに似た古楽器を操るColleen
/コリーン(低音域を広げるために弦が7本ある!)クラシッ
クと現代音楽の狭間を彷徨いながら、その音楽は可憐で新鮮、
慎ましいようで贅沢。ミキシングを多用したエレクトロニカな
アルバムもあるけどこの日は静かに抑えられた新譜からの展開
中心、生の楽器の振動が直接肌に伝わる。
http://jp.youtube.com/watch?v=_ctVdz5ooFk&feature=related

ジョン・ケージが始めたといわれる「プリペアード・ピアノ」
を演奏するHauschka/ハウシュカ。
(プリペアード・ピアノとは、ピアノの弦に木、金属、ゴムな
どを挟んだり載せたりすることでその音色を打楽器的な響きや
金属的な音、ノイズなどにしてしまうことらしい)
演奏中いくつかのキーを弾くと音がこもったりかすれたり、あ
るいは打楽器や弦楽器のようになる。つまり一本の美しい線が
途中でかすれたりにじんだりするようなもので、最初は耳障り
な雑音まじりの音楽のように聴こえるが、その音を見つけなが
ら即興的に組み立てていくうちに(ピアノに手をつっこんで弦
を直接はじくことさえある)複雑で饒舌な音楽に変わっていく
。アルバムを聴くとたくさんの楽器をミキシングして作られた
ようにしか聴こえないが、つまりはピアノひとつ、一度の演奏
で録音されていることになる、すごい。
覚醒とやすらぎが同時にやってくる感じ。難しくもないしポッ
プでさえある。ぼくは深く入り込んでしまうのだけど、聞き手
ひとりひとりに違う聴こえ方がありそうだ。
http://jp.youtube.com/watch?v=pJVEWYRM6eg

クラシックや現代音楽、環境系からたどりついた人、ポップ、
エレクトロニカからやってきた世代、ぼくのようにパンクの脈
絡からたどりついた人間などが入り交じったささやかで美しい
ひととき(画像は終演後に思わず舞台に上がってピアノを覗き
込む観客達)

コリーンのアルバムのライナーに書かれた一文から主催者の富
田さんがコンサートを実現させることになった思いが伝わりま
す。ビジネスとは違う音楽の世界が(地味で人知れず、でも最
高な)あることを知ってほしいので転載します↓
———————————————————————-
2006年2月のある日、コリーンが日本にやって来て、ブリジッ
ト・セイント・ジョンと一緒にツアーをしている情景を夢に見
た。2枚目のアルバム「the golden morning breaks」は聴くご
とに特別な作品となっていくのを感じていたけれども、彼女に
メッセージを送るようなことはしていなかった。これはいい機
会かもしれないと思い、こんな夢を見たのだけど、ブリジット
との日本ツアーに興味はありますか?と書いたメッセージを午
前中に書き、送ってみた。今、読み返すとツアーに関する具体
的なことや自分のことなども充分には書かれていない、無視さ
れても仕方がないものだったが、その日の夕方、彼女から返事
があった。「どうやら私たちは同じ夢を共有しているようね」
と書かれた一文で始まる長文で、!マークだらけのそれはそれ
はスウィートな手紙だった。もう後戻りはできないと思わせる
に充分なものだった。<後略>

Filed Under Review, その他 | Leave a Comment

おさるのジジ  高橋キンタロー

Posted on 12月 7, 2007

zizi.jpg

Shiodome italiaで開催中の
ブルーノ・ムナーリ<-しごとに関係ある人 出入り おことわり->展

http://www.shiodomeitalia.com/modules/mostre01/index.php?id=16

のワークショップ・セミナーに参加。
布切れや紙を切ったり貼ったりキャアキャア大はしゃぎ・・・
したいところが皆静かに黙々と作業してるんで、ぼくだって大
人だもんクールな一面もあるのさのフリして作業。そしたらブ
ルーノ・ムナーリ・メソッドの教授が「日本ノ皆サンハ何デモ
静カニ真剣ニ取リ組ムノガ印象的デス」だとさ。メソッドなん
て言葉に弱いからおとなしくなっちゃうんだよ日本人は、こう
して間違った日本人感が伝わっていく・・
デザイン系の人間が学生時代一度は通過するのがブルーノ・ム
ナーリ。当時は(っていつだ?)理屈っぽい探究派なやつが傾
倒するのがムナーリのデザインで、おいら直感しか信じないも
んね系の人間だったから「そっちはまかせた、おいらサブカル
(役に立たないの意味)一直線!!!」って言いながらも隠れ
て絵本やデザイン本見ながらうっとりしてた(本当はムナーリ
こそサブカルの代表なんだけどメッセージ性の強さが探究派た
る所以)

※解説より<ブルーノ・ムナーリは1907年にミラノで生まれ、
インダストリアル・デザイナー、グラフィック・デザイナー、
彫刻家、建築家、作家、詩人、美術評論家、美術教育家などと
して幅広いジャンルで活躍しました。まだ本が読めない小さな
子どもたちのために、「本に出会う前の本」を制作するなど、
子どもたちに五感を通して発見する喜びを与えることに情熱を
傾けた作家でもあります。>

munali.jpg
当時は手に入らなくて輸入書の資料を見て興奮していた書籍や
、見事な印刷で再版されたしかけ絵本(飛び出したりするので
はなくてページをめくるワクワクにあふれている)の数々にう
~っとり。ついに復刻されたクネクネ人形の元祖「おさるのジ
ジ」は激しく欲しかったけど「クネクネ人形は300円まで」と
いう死んだおふくろのいいつけを思い出して5,000円もするク
ネクネはがまん。でもやっぱり欲しいな。

ムナーリ展は板橋区立美術館でも開催中。
<ブルーノ・ムナーリ生誕100年記念展>
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/art/schedule/e2007-05.html

Filed Under Review, 展覧会 | Leave a Comment

通りすがりに(COSMIC WONDER) 高橋キンタロー

Posted on 11月 26, 2007

c-wonder2.jpg

南青山の裏通り。
真っ白に塗られたビルの壁にシンプルなロゴと入り口らしき開
口部、でもがらんとした空間があるだけで中には石がひとつぽ
つんと置いてある。駐車場のようだけど車は入れない。
空間の奥の開口部には植え込み。これだけではまったく何だか
わからない。
中に入り奥の植え込みを覗くと、一旦ビルを抜けるように人ひ
とり分の踏み石が敷いてある。いいのかな?と思いながら踏み
入って回り込むと真っ白な空間の入り口があり、思い切ってド
アを開けると誰もいない美術館の一室のような空間に白やステ
ンレスの大小の箱。壁に数点の写真作品。ますますわからない
・・・入ってしまっていいの?

やっと出て来た人にここはショップなのかギャラリーなのかと
聞くと、どちらでもあるという。彼が真っ白な壁の一部を引き
開けると中に洋服が並んでいた。
大小の箱も注意深く見ると前面が開くようになっていてシンプ
ルなカットソーやパンプスなどが入っている。コットン中心の
デザインされているけどシンプルなファッションがいい感じ。
といってもプライスタグもついていないから気に入ったふり
して値段を聞くしかない。いや、ふりじゃないけど(笑)

ぼくはその名前に気付いたいたからズンズン入っていったけど
それでもかなり戸惑う。申し分のない空間にコンセプチャルな
作品と商品展示、高級で入りにくい店はあってもこんな入りに
くい「ショップ」ははじめてだ。通りすがりの人が中まで入っ
ていく可能性はゼロに近い。
最近見たデザイン・イベントは収益を無視出来ない企業のスタ
ンスを感じてしまい刺激を覚えなかったが、こんなところで美
術の領域に踏み込むアパレル・コンセプトに出会う。
意識を着る。そんな時期が自分にあったとは思ってないしファ
ッションの行方もわからないが、何かがはじまろうとしている
と思わせる場所。

このCOSMIC WONDER、今現代美術館で開催中の
Space for your future展<http://www.sfyf.jp/>に参加してる。
ショップ同様コンテンツが見つけにくいウェブサイト
http://www.cosmicwonder.com/
もかっこいい。

Filed Under Review | Leave a Comment

Make Art, No War ! 高橋キンタロー

Posted on 5月 30, 2007

mirikitani.jpg ミリキタニの猫

Make Art, No War !

こう言い放ったのはジョン・レノンでもオノ・ヨーコでもない 、ニューヨークの街角で黙々と絵を描き続けるひとりの日系人ホームレス、ジミー・(ツトム)・ミリキタニの言葉。

映画「ミリキタニの猫」は監督のリンダ・ハッテンドーフが「寒くない?何かいるものは?」と雑貨店の前に寝るひとりの老人に声をかけることから始まる。しかし彼は絵以外のお金は受け取らず明日も写真を撮ってくれという。
ひょんなことから撮影を始めたリンダは当初「ホームレスの四季」というような作品を考えていたらしい。その状況が一変するのはあの九月十一日。
世界貿易センターが煙を噴く現場にリンダはかけつけカメラを回す。騒然とする人々、かけつける救急車。そのかたわらで喧噪を気にもかけずいつものように絵を描き続けるジミーの姿があった。翌日、残る噴煙の中咳き込むジミーを見かねたリンダは思いあまって彼を自分のアパートに招き入れる。このとき82歳のジミーと孫ほどの年齢差のあるリンダとの奇妙な共同生活が始まる。
リンダの好意に素直に応えないジミーに観客は苦笑するが、やがてあぶり出されるジミーの半生は驚くべきものだった。カリフォルニアで日系米人として生まれた彼は少年期を広島で過ごし日本画を習得。再びアメリカに帰国するが、待ち受けていたのは日米開戦による日系人強制収容所。その措置に徹底的に抵抗した彼は終戦後自ら市民権を捨てる。
戦後東海岸にたどり着き職業を転々とした彼はジャクソン・ポロックにすしや天ぷらを料理したと楽しそうに語る一方で、「お兄ちゃん、絵を描いてよ」と彼になつきやがて収容所で死ぬことになる少年の話を語り「Make Art, No War !」と語気を荒げる。彼は未だに収容所の風景を描き続ける。過去を巡る旅へと奔走するリンダと少しずつ心を開いていくジミー。

通りすがりのままでいたら単なる困った老人であったはずのジミー・ミリキタニの誇り高き人柄と反骨精神に観客は魅了されていく。なにより明快な色彩と日本画に裏打ちされた構図の作品の魅力に驚き、雑踏の中にも確かな美術の存在があるのを知る。そして60年ぶりの妹との再会へ。
「ミリキタニの猫」は9/11が生んだもうひとつのドラマ。

映画「ミリキタニの猫」は今晩夏ユーロ・スペース他にてロードショー公開。
現在86歳のジミーは公開にあわせて数十年ぶりに日本の土を踏む。ぼくは彼に会うのが本当に楽しみだ Make Art, No War !

banner210-50.jpg
公式サイト http://www.uplink.co.jp/thecatsofmirikitani/story.php
英語サイト(ギャラリーページあり)http://www.thecatsofmirikitani.com/

Filed Under 映画 | Leave a Comment

DRAGON ART CREATOR’S REVIEW • Powered by WP • Management by Kouhei Muramatsu • Logo&Icon Kintaro Takahashi