【左のポケット】その37「ベニス幻想、2」 長島義明

Posted on 2月 18, 2008


iieu.jpg
翌日約束の場所に行くと一艘の黄色いゴンドラが待つていて狭い運河をぬけ、サンミケーレ島に向かった。ゴンドラを漕ぐ男は無口で一言も話さない。サンミケーレ島は墓場の島だが古い大きい家が一軒だけ建っている、何に使う家なのか、人の気配がしない。中に入ると大広間にはシャンデリアが明るく輝き大勢の人がいて楽団も入り、踊っている。そこに居る全ての人が仮面を冠り着飾っているが、なんだか変だ。話し声がいっさい聞こえない。ワインがあり、料理もいっぱいあるのだが、だれも手をつけようとしない。昨日誘ってくれた仮面の男を探したが全員が仮面を冠っているので探し様が無い、あきらめて一人でワインを飲み、料理をつまみ楽団がかなでる音楽を聴きながらダンスを見ていた。やけに年寄りが多いのに気ずいた、若者や子供もいるが9割がた老人だ。仮面を冠っていてもなんとなくわかる。楽団は一曲終わるとすぐ次ぎの曲を始める、ダンスはそれに合わせて踊り、休憩しようともしない。もう何時間踊っているのだろう。僕は話し相手もなくワインを飲み料理を食べ続けていたが退屈になって来た、それに空気が息苦しい。重い扉を開け外に出ると冷たい風が気持ちいい。
日は斜めになり帰ろうと船着き場にいったがゴンドラはいなかった。しかたなく墓場を散歩していたが、日が落ち薄暗くなり落ち着かない、こんなところで一夜を過ごすのは嫌だなと思って空をみると、星が現れ、それが近づいてきた。いや、星ではなく飛行機、ヘリコプター。うそだろー、それはとんでもない物だった—–。UFO          
飛行物体が死者の島、サンミケーレ島の上空にきて停止すると島全体の墓がなんだかざわざわしだした。目に見えないなにかがうごめいている。さきほど仮面をつけた大勢の人が踊っていた建物の扉が開き、ぞろぞろ仮面の男女が出て来た。
僕は木陰に身を隠し飛行物体を見つめた。墓場の上まで飛行物体は来ると、突然,底部の一部が開き強い光が墓場を照らした。僕は急いでバックからカメラを出しシャッターを切った。墓場の端に在る広場が白く輝き、光の帯が飛行物体と繋がっている、仮面を付けた男女がその光の輪の中に入って行くと彼らの体は宙に浮き、スゥーと飛行物体に吸い込まれて行く、列に並んだ仮面の男女は次から次とそうして飛行物体の中に入っていった。僕は彼らに見つけられない様に気をつけてその光景を注視していた。長い時間をかけ、飛行物体に入っていった仮面の男女は1000人以上になるだろう。もうすぐ夜が開ける、僕の体が震えていたのは寒さのせいばかりではない。仮面の男女がすべて乗り終わると底部の扉が閉まり音もなくものすごいスピードで上昇し、西の空に飛び、やがて見えなくなった。空が明るくなり周りを見回してもなにもない、墓場は静かに以前のままで、舞踏会が行われていた建物も墓場も人の気配がない、ただひとつ仮面が墓の前に放置されていた。あの飛行物体はなんだったのか、死者をはこぶUFO———–。

Filed Under 【左のポケット】 | Leave a Comment

【左のポケット】その36「ベニス幻想、1」 長島義明

Posted on 2月 18, 2008

iie.jpg
二月のちょうど今頃、ベニスでは仮面祭りが行われる。その仮面祭りの日に僕は不思議な体験をした。少し、長い話になるがお付き合い願いたい。その日の夜、僕は酔っぱらってドカーレ宮殿の大理石の柱にもたれねむってしまった。なにか人の気配を感じてゆっくりと目を開けた。8つの顔が僕を覗き込んでいる。皆、やけに白い顔をしていて、笑っている顔が5つ、ツンと澄ました顔が3つ、瞬きもしない大きい目をしている。それが仮面であると理解するのにしばらく時間がかかった。「さあ、行こうか」仮面の人たちは僕の手を取り、立ち上がらせ、サンマルコ広場を横切りゴンドラがもやってある船着き場に連れて行った。「こうして両手を広げゆっくり羽ばたいてご覧」笑う仮面をつけた男がそう云うと、そばにいたツンと澄ました仮面の女性が羽ばたき、宙に浮き上がって行った。僕は言われたとうりに手を広げ羽ばたいた、少し体が持ち上がり宙に浮く。おもしろいのでさらに強く手を羽ばたくと、スゥーと、2、3Mほど上にあがった。それからはゆっくりと手を動かし、彼らといっしょにドゥカーレ宮殿を見下ろす高さまで上がり、カナルグランデの運河の上をリアルト橋めざして飛んだ。運河の両側は建物から漏れる灯でキラキラ光り、まるで蛍が川辺に遊んでいる様に見える。体がフワフワと浮き、とても軽く自由に動く、上下左右に飛ぶ事が出来る。仮面をつけた8人の男女も思い思いに飛んでいた。何時間飛んでいただろうか、気がつくとまたサンマルコ広場の上まで戻っていた。と、急に浮力がなくなりスゥーと体が落ちて行く、あわてて僕は両手をバタバタと羽ばたき、落ちない様にがんばった、でもすごい勢いで落ちて行く「ああ、落ちる、落ちる」誰かに肩をゆすられ目を開けると笑った仮面の男が立っていた。「もう、12時が過ぎたよ。こんな所で寝ていると風邪を引くよ」2月の仮面祭りの夜、僕は勧められたワインを飲み過ぎ酔っぱらい、ドゥカーレ宮殿の柱にもたれ眠つていた。仮面の男に起こされ目を覚まし、立ち上がると男に奇妙な招待を受けた。「明日,サンミケーレ島でパーティがあるので参加しないか」と云う。ベニスにはいくども来ているのでその島の事は良く知っている、そこは墓場だけで誰も住んでいないはずだ。「嫌なら、無理に誘わないがね、年に一度だけ島でパーティがあるんだ」なんだか面白そうな話だ。誘いを受ける事にした。話終わると黒いマントをひるがえし塔の柱の上に飛び乗りじーと立っている。

Filed Under 【左のポケット】 | Leave a Comment

【左のポケット】その35「インディアンの住居跡」 長島義明

Posted on 2月 12, 2008

usayyoycyycyoiaa.jpgusayyoycyycyoieeo.jpg

巨大な一枚岩の下、インディアンの住居が残っている。

向かいの丘から見ると実に雄大で美しく、現代絵画を眺めているようである。

濃く青い空をオオワシが羽を広げゆったりと舞う

かってインディアン達も見たであろうその光景は今でも変わらない。

今ではそのインディアン達は10kmほど離れた場所に住んでいる

写真、文ー長島義明
【警告】当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての写真,文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 Copyright 2007 NAGASHIMA YOSHIAKI All rights reserved. Never reproduce or replicate withou

Filed Under 【左のポケット】 | Leave a Comment

【思考する目】40「老木」 長島義明

Posted on 2月 3, 2008

 aaiudhiu.jpg

今、僕は一本の木を眺めている。と云っても写真の中に写っている老木です。
それは粉雪の舞う初冬のロッキー山中で見た木で、杉か檜か僕にはわかりませんが回りに立つ樹々を圧倒するほど大きく威厳のある木でした。太い幹はよじれ、いかにも長い年月を生きて来たと思わせる老木です。

 ここまで大きくなるには幾度の嵐に遭い、風雪に耐えて来た事でしょう。この場所は木が育つには決して良い環境とはいえません。山の尾根近くで風をもろに受ける所です。冷たい風雨にさらされ、強風に会い、吹雪で凍る時、この木は身を捩りながら耐えて来たのでしょう。そうでなければこうも太い幹がタオルを絞ったような姿をしている訳がありません。物言わぬ木ですが長い年輪を経たこの老木には誇りと尊厳が感じられ、堂々として媚びる事のない美しさを感じます。 「老い」はこのようにありたいものです。

 現在、僕はある出来事で気が萎えていました。若い時なら平気で乗り越えたでしょう。「老いる」と云う言葉を使い、どこか、そこから逃げていたようです。この写真の老木を見たくなったのにはそんな訳があります。

 老いても「老醜」だけはさらしたく無い、美しくありたい。 
 この老木の姿を見て、僕はそう思います。

Filed Under 【思考する目】 | Leave a Comment

【左のポケット】その34「川面にシャケが跳ねる島」 長島義明

Posted on 2月 3, 2008

  yyayaaie.jpg

yyey.jpg

川面を眺めていると突然大きい魚が現れた。シャケだ。

シャケは水面すれすれに飛ぶトンボやバッタを狙い川面に跳ねる。

ロシアの無人島、シャンタール島はほとんど訪れる人もいない。

島の中を流れる川は清く汚されておらず、

マスやシャケがあきれるほど多くその川にいた。

島には多くの熊が生存し、草原には様々な花が咲き乱れる。

その海ではオルカが群れ泳ぎ、クジラが塩を吹く。

人間が住んでいないと云う事はそれだけ自然が豊である。

冬のシャンタール島を想像してみる。

熊は当然冬眠して、あの川も凍りついているだろう。

きっと、その凍り付いた川面をトナカイの群れが渡っているに違いない。

川の名前は確かトナカイ川と教えてもらった。

アムール川の河口、イワノフスクの町からチャーターしたヘリで2時間飛び、

そこから、さらにチャーターした漁船で12時間。

シャンタール島は北のオホーツク海の孤島です。

写真、文ー長島義明
【警告】当ブログ内に掲載されているすべての文章の無断転載、転用を禁止します。すべての写真,文章は日本の著作権法及び国際条約によって保護を受けています。 Copyright 2007 NAGASHIMA YOSHIAKI All rights reserved. Never reproduce or replicate without written permission

Filed Under 【左のポケット】 | Leave a Comment

【思考する目】39「自然はアーティスト」 長島義明

Posted on 1月 30, 2008

   aaeaibw.jpg
   eaibw.jpg

  寒い冬
  凍る谷川を見て僕はあらためて思う
  「自然にはかなわない」と

  その表情の豊さと美しさ

  薄く凍った谷川の表面
  その下に水は静かに流れていた
  さらに上流に行くと
  積もった雪の下に氷柱が垂れ下がり
  清水が激しい勢いで流れている

  手を川の水に浸けると
  指先から体全体に染み渡る厳しい冷たさ
  美はこうして作られるのだ

Filed Under 【思考する目】 | Leave a Comment

アフガニスタン支援のイベント「Heart Piece展」 長島義明

Posted on 1月 27, 2008

   ao.jpg

アフガニスタン支援のイベント案内

「HEART PIECE 展」

主催、伊丹市

場所、伊丹市立工芸センター

月日、2月7日から3月2日まで

「内容」 伊丹市民20人が書いたデザイン
     及び、黒田征太郎、JUNICH, 奈良美智が描いたドローイングを
     アフガニスタンで絨毯にした物を展示販売。

     古くから伝わるアフガニスタン絨毯の即売

     アフガニスタンの映画10編を毎日上演

     

     長島義明写真展「平和だった頃のアフガニスタン」
            作品展示販売

     

     オープニングレセプション2月11日、2時から4時

      アフガニスタン音楽のライブ演奏

     トークショー「アフガンでの家族のくらし」
            長島も参加予定しています

詳しくは 06-6889-3590
www.mogu-village.com にお問い合わせ下さい

Filed Under 展覧会 | Leave a Comment

【左のポケット】その33「バレー「白鳥の湖」?」 長島義明

Posted on 1月 27, 2008

    バレー「白鳥の湖」?

     ydhyi.jpg

   ?????

   なんだ、なんだ、 なにやってんだ!

  この写真は合成写真ではありません。
  まったく手を加えていない、ストレートな写真です。

Filed Under 【左のポケット】 | Leave a Comment

【左のポケット】その32「真夜中の雷」 長島義明

Posted on 1月 22, 2008

bwiiieynye.jpg

ゴロゴロと鳴り響く雷

楽しき夢を中断して、現実の世界に引き戻す

天井を駆け巡るネズミ

おまえも眠れぬのか

よければここに来ないか

チーズもワインもあるぞ

今宵は天の祭り日

夜通し騒ぎは収まらぬ

俺たちも楽しもう

さぁ、ぐいっと飲め、チーズを齧れ

bwiiieynye.jpg

Filed Under 【左のポケット】 | Leave a Comment

【思考する目】38「記念写真」 長島義明

Posted on 1月 20, 2008

旅をするとさまざまな人に出会う。ここに公開した記念写真もそうだ。想像もしない人と出会い。
夜遅くまで彼の話を聞き、酒を飲んだ。
そして、酔っぱらったついでに記念写真を撮ろうと云う事になり、僕のカメラで写した。
僕はそれまで彼とも彼の仲間とも付き合いが無かったし、それ以後もない。
だいたい僕は日本の政治や政治活動には無関心である。しかし、人間にはすごく興味を持っている。

場所は北朝鮮の平壌 、僕の泊まったホテルに突然現れた彼。
日本の飛行機、よど号のハイジャック犯のひとりW氏

日本からきた人間と話すのが久しぶりだったのか、その夜の彼は饒舌であった。日焼けした顔で自分の仕事について話した。
僕が阪神大震災の事を話すと真剣に聞いていた。彼の息子に震災の事をくわしく教えたいと云うので、後に僕の写真集を送った。2ヶ月ほどして礼状がとどいた。犯した罪は別として、家族を愛する普通の父親である。

ある意味で僕より純粋な心の持ち主かも知れない。飲みながら話した会話の途中、彼の目が潤んできたのを僕は見た。
激しく、強い意志の持ち主である事も確かだ。日本に帰りたいと本音を話したのもその時だった。

いつか日本で酒を飲もうといって肩を組み記念写真を撮った。
当然、帰国して罪をつぐなった後になるだろうが。bwaio.jpg

Filed Under 【思考する目】 | Leave a Comment

« 前ページへ次ページへ »

DRAGON ART CREATOR’S REVIEW • Powered by WP • Management by Kouhei Muramatsu • Logo&Icon Kintaro Takahashi