[アーティスト奇行1] 奇想の顔収集家・村田彩

Posted on 4月 8, 2007

コーポミツ201号 顔のスクラップブック 生鮮食料品

画家、彫刻家、デザイナーなど職種は問わないがクリエイティブな活動をしている人間は、「絵コンテを毎日描く」「気になった雑誌を集める」「写真を撮る」「お酒を飲む」など、日々その創作の源になるような“何か”を続けていたりする。「アーティスト奇行」では、その中でもやや(?)風変わりな習慣・調査を続けるアーティストたちを紹介したい。

今回、その第1回目として、今年多摩美術大学院に進学したばかりのフレッシュな村田彩を取り上げる。その絵画は、何百枚と展示される卒業制作展の中でも、あっと度肝を抜く。初回として、相応しいのではないだろうか。

村田彩は大学入学後から毎日、新聞の切抜きを続けている。もしかしたら、新聞の切抜きは誰でもしているかもしれない。しかしながら、彼女が注目するのは、人の顔である。特に、気になるのは、政治家などの中年の男性の顔の写真。今、そのファイルは何十冊になっているだろうか?それを男性・女性・群集などと分類している。それらは几帳面に整理され、まるで人間の喜怒哀楽を集めた標本のようだ。

「人の顔が好き」と村田は言う。特に、新聞の社会面などに登場する、思いっ切り苦悩していたり、思いっ切り笑っていたり、思いっ切り叫んでいたりする“顔”を集めてしまうという。つまり、感情が極限まで達した表情や、人間くささが表れた顔に興味があるとうことだろう。それらを素材に生き生きとした人間の顔をキャンバスに描いていく。

村田は130号の大作にこの冬から春にかけて取り組んでいた。卒業制作のためである。この絵は多くの人に見られ、それによって大学院などの進学や学芸員、ギャラリストたちの目に触れ、人生が左右される。それでも、村田の個性的な作風は変わらない。とても20歳過ぎの女の子が描いたとは思えないほど、ナンセンスで、グロい。その異様さは自画像であっても、手を抜かないところが圧巻である。そして、その作品には、イタズラ心と下品さがある。
例えば、絵に登場するのは、怪しい生き物やイジワルそうなおじさんやお節介そうなおばさん。それらがお尻を出していたり、いやらしく隅から覗いていたり、鼻水を垂らしていたりしている。
周囲から「(最近流行している)エロには走らないのか」と、聞かれることがあるという。村田はその質問に、笑顔でこう答える。「私のいたずらは小学生レベルなのです」大学で絵画を専攻する学生たちの多くは自分の“資質”が見つけられず、流行に流され、個々の持っている世界観とは違う絵を描いているという。そんな中、この危ない幼稚さを秘めた自分の個性を認め、押し出すその力と根性に、将来性を感じてしまい筆者はその小品を1点所有している。
この春から多摩美術大学の大学院に進学、今後の活動に注視したい。

木下朝美

[この記事は、広く投稿を求めています。どなたでもご投稿ください]

Filed Under 【アーティスト奇行】 | Leave a Comment

[アートサポーターバトン1] 木下朝美

Posted on 4月 8, 2007

普段は神奈川県にあるとある市民のためのギャラリーでお仕事をさせていただいています。
アーティストとの出会いや展覧会を見た感動など、覚書程度ですがインターネット上で公開しています。反響があることが嬉しい。それをより、人に読ませるカタチに発展させ、発表してみたいというのが、この雑誌に参加している理由です。日々修行。

1.アートとの出会いを語って
子供の頃、折り紙のコレクターでした。キャラクターのものや千代紙、めずらしい色の紙など、今思えば折り紙がアートとの初対面でした。
初めて感動した展覧会は、高校生の時に観たジョージア・オキーフ展。この画家が描く、クローズアップした花の静物画や風景画の色の綺麗さや線の優雅さに感動し、それぞれの作品の前で立ち尽くした覚えがあります。

2.この道に入ったきっかけ、コース
東京造形大学美術学科比較造形専攻卒業(学芸員資格取得)→美術館の監視・受付のアルバイト(1年)→公立美術館広報担当(3年)→市民ギャラリー美術専門員(4年、現職)

3.現在の活動内容、活動環境についてくわしく
相模原市直営の相模原市民ギャラリーにて勤務しています。ご想像のとおりこちらは、”市民の芸術/文化発表の場”です。常時、絵画や書道、華道などの展示会が開かれています。私の職務はその出展者のサポートや指導です。
それに加え、美術館相当施設として事業を行なっています。具体的には、企画展覧会や市収蔵美術品展、アートプロデューサーを育成する大学生向けワークショップなどです。また、地域の文化芸術活動を記録・保存しています。

4.毎日、毎週、毎月、毎年のサイクル
毎日:
基本は、朝9時に出勤、午後5時退館。大概、閉館時間の8時まで仕事をしています。平素は、展示室や会議室の貸し館事業の受付や、利用者との打ち合わせなどをしながら、企画展の準備や打ち合わせをします。貸館とギャラリーの自主事業を開催している時、勤務内容は異なります。美術展などは、勤務時間外や休日に行きます。
毎週:
休館日は水曜日。展示替えが1週間に一度あります。
毎月:
特にありません。
毎年:
4月~7月までは貸し館事業。8月は、大学生・地域の若手作家などを紹介する展示。9月は相模原市芸術家協会展。10月~12月にかけては、フォトシティさがみはら、相模原市民ギャラリー企画展。年末は隔年で、収蔵美術品展を開催しています。

5.自分でやっておもしろかった、最近の活動、イベントなど紹介
インターネットサイト”ミクシィ”に「アートフェスタロウ」というコミュニティを管理しています。「アートフェスタロウ」は、神奈川県相模原の西門商店街にある彫刻作品(岡本太郎作“呼ぶ 赤い手青い手”)の修復とその街の活性化を呼びかけるイベントです。具体的には、オリジナル作品を販売するアートバザーやアフリカン太鼓によるドラムサークル、子供を対象にしたライブペインティング(赤い手 青い手みんなの手)などです。主に、このイベントの参加者やスタッフが登録しています。業務連絡や募集のほとんどが、ミクシィ上で行なわれ、時には討論となることもありました。
開設の日も浅く、コミュニティとしては小規模ですが、実際に昨年10月に開催し約8,000人の来場者がありました。この主催は西門商業地活性化協議会。
 
6.芸術とは
あらゆるものに宿り、私を感動させるもの
 
7.芸術行政やアートを取り巻く環境や動向について感じていること
  指定管理者制度の導入ほどの大きな変化はありませんが、相模原市民ギャラリーはこの春、教育委員会から文化国際課へと移りました。財団法人化することを視野に入れた動きだと言われています。芸術行政に関わり、勤める身としては、先行きの不安を感じます。
  地方自治体の文化活動が黒字になることはありません。それに対する批判は多い。これは、必ずしも悪い面ばかりではなく、民間や個人ではしないであろう、この地域の美術活動の調査研究を進めている自治体もあります。それが、なかなか浸透しないのは残念なことです。また、小規模ながら素晴らしい発表をしているアート活動を支援することも芸術行政の役割です。例えば、地域画家のグループ展、作家の持ち寄りの野外彫刻展など。非営利ながら、努力している活動を記録し、紹介することはどこでも行われればよいと感じています。

8.アートとお金について、実感していること感じていること
アーティストによっては、目標や気位を高くもち、アルバイトで生活し、そのほとんどを制作に打ち込み結果、清貧に安んじている人間がいます。まるで武士のようです。若い作家たちを日本・海外へと紹介するギャラリストの出現が望まれているのではないでしょうか。

9.いちばん好きな作家、感動したアート
動物の彫刻作品が好きです。三沢厚彦、ミヤタケイコ、薮内佐斗司などはもちろんのこと、以前市民ギャラリーで企画された「動物幻想国五人の作家による立体造形」 展に出展していただいたアーティスト(いしばしめぐみ、宮里進、鳴海愛、吉田朗、南舘麻美子)は、どの方もよい。
学校を卒業したばかりですが、はしもとみお・田代裕基も注目すべき作家です。毎年、東京造形大学では、彫刻専攻のアーティストを集めた「小豆蟲」展があり、二人ともこちらに出展していました。

10.注目している、あるいは面白かった展、作品、モノ、人、コトなどとその理由  新たに注目している地元在住作家のみをあげます。絵画では傍島飛龍。立体では、荒井伸佳、森哲也、三木サチコ。
 今年は、本業の方で合併記念のアートイベントを企画しています。会場は、藤野芸術の家。神奈川県藤野は「アートの街」として有名で、市民が率先して年間さまざまなイベントを開催しています。きのこプランニング、ひかり祭り、ぐるっと篠原おさんぽ展、陶芸市など。どれも手作り感覚が魅力です。

11.アートについてお勧めの本
バーナード・リーチや浜田庄司と民芸運動を興した、柳宗悦の文章は平明で率直。そして、著者の造形美への情熱が感じられお奨め。柳の随筆集が岩波文庫より出版されていますが、旅行記としても愉しめます。

12.今後の方向性や夢
専門は、彫刻、立体造形、環境芸術。今後は、相模川上流を舞台とした野外展示の企画・運営を行ないます。

13.自分の絵画など作品があったら見せて
  ありません…。あえていうなら、展覧会は私にとって作品です。
14.その他、主張、アピールしたいことなど
相模川の見渡せるある公園で、「スカルプチャー・ガーデン(仮称)」と題した野外彫刻展を企画します。参加したい立体アーティスト(テーマを有る程度設けるので選考がありますが)やお手伝いをしたい方は木下までメールアドレスまでご連絡ください。どうぞよろしくお願い致します。

バトンを渡す人■シモヤマさん
アートNPO法人「コミュニティアート・ふなばし」の理事長です。 コンテンポラリーダンス・演劇・ダンスミュージック・現代美術を愛する方です。4200人以上が現在参加しているミクシイのコミュニティ「アートマネージメント」の管理人をされています。行動的で情熱を持ちつつ、公平と冷静さを失わないバランスのいい方という印象です。相手に合わせて話ができる、仕切り上手のコメンテイターでもあります。

Filed Under アートサポーターバトン | Leave a Comment

DRAGON ART CREATOR’S REVIEW • Powered by WP • Management by Kouhei Muramatsu • Logo&Icon Kintaro Takahashi