[いけばな/鋏の音 6]   展覧会  紫苑

Posted on 6月 1, 2008

 yoyiyineau-034.jpg

耳の後ろくらいのところで、ずっと思っていたことがある。 それは、いつでも元の場所に戻れるということだ。長い間培ってきたものはそれなりにちゃんと身体のどこかに蓄えられていて、そう簡単には失われないものだと……。あれからもう一月以上も経ってしまったけれど、ギャラリーバルコでの展覧会に際して、それが大きな間違いであったことに気づかされた。搬入までの時間が刻まれた時、最初にイメージしていたことの影が段々と薄まって、わたしの中では合理的や便宜的なことだけが優先されていった。まず、わたしの住まいからギャラリーバルコまでの距離、作品の運搬方法が目の前に立ちふさがって、テーマである『夢と地形』からイメージしていたものは図らずも遠ざかってしまった。 

わたしには生涯テーマとして追いたいと思う素材がある。それは『蓮』なのだけれど、どうしてなのかは自分でも分からないし、説明はつかない。ただ、何かを描こうとか作ろうと思うと、頭の中に蓮が浮かんでくる。人生の中でかなり辛いなぁと感じた時期、何気なく眺めていたのが蓮の群生であった。群生と言っても岡山の後楽園の蓮だから、それなりに人の手は加えられていて自生とは違うけれど、大きな葉の間からすっと伸びた花は、真夏の暑さにも負けず涼しげで気品があった。わたしは背中をじりじりと焼かれながら、その場を立ち去れなかった。釘付けになる理由が何なのか、何故わたしの中にいつも蓮が思い浮かぶのか、皆目見当はつかないが、いつまでじっと眺めていたかった。この理由探しが、もしかしたらわたしの永遠のテーマなのかもしれない。そんなこともあって、わたしは蓮を見るとついシャッターを切ってしまうのだ。 

yoyiyineau-029.jpg

さて、前置きが長くなったけれど、いざ蓋を開けてみると、蓄えられていたはずのものは、身体の中のどこを探しても空っぽだった。日々精進している多くの人々の前で、わたしはまるで初心者のそのまた初心者だった。技術も伴わなければ飛びぬけたアイデアもなかったし、稚拙で独りよがりで観念的な自作品が生まれた時、恥ずかしくて仕方がなかった。身体中から冷や汗が噴出していた。鋏を持とうが置こうが、本当は日々精進してこそ、である。次回も、そのまた次回も、きっと全く同じ思いを繰り返すのであろうが、またいつか機会を与えられたなら、今度こそ観念的でない自分のテーマを追った作品を生み出したいと思う。

yoyiyineau-117.jpg

Filed Under 【いけばな/鋏の音】 | Leave a Comment

[いけばな/鋏の音 5]  『花でおもてなし』 紫苑

Posted on 10月 8, 2007

yoyiyineau-031.jpg

先日、親しい友達をお招きした。
わたしのもてなし料理は得意の餃子だ。
初めて我が家を訪れてくれる友達に餃子ではちょっと色気がないけれど、せめて花をいけるということで、色を添えた。

作品 A @リビング
花材:百合(ピンク・白)ユリ科
    孔雀草(キク科)
    菊(キク科)
    利休草(ヒヤクブ科)
花器:ガラス製花瓶

yoyiyineau-029.jpg

作品 B @玄関
花材:百合(ピンク)ユリ科
    黄菊(キク科)
    姫ひまわり(キク科)
花器:水差し(百円ショップ)

yoyiyineau-036.jpg

お客様をお迎えする時の、ときめきに似た気持ちの高鳴りが好き。
一番気になるところは、住民は気づかないその家だけが持つ独特の臭いだ。
わたしはそれを、花の匂いで消したいといつも思う。
だから、普段から匂いの強い百合を選んでしまうけれど、この花は好きな人と嫌いの人に別れてしまう。
嫌いな人には、「頭痛がするから外に出して」と眉をひそめられる。
余談であるけれど、昨年ちょっと入院することがあった時、見舞いの花が届いた。
わたしが最も好きなカサブランカを交えた百合一種だった。
それは強烈で、病棟中に充満するくらいの自己主張をした。
嬉しいのだけれど、やはり病院は顰蹙ものかなーとびくびくしていると、同室の人たちも大好きとのことで、ほっとしたことがあった。

ところで、おまねきした友達も百合が大好きだった。
わたしは迷わず百合を選び、花屋さんの店先でひとまず頭の中でいけあげていき、他の花材を選んだ。
一度は、鋏をはじめ水盤やおつぼ、花器のすべてを捨ててしまったので、悲しいかな手元には何もない。
でも、手始めは身の回りの雑器を使った、癒されるいけばなを目指したい。
そして、気持ちよくお迎えできて、そのお客様がまた訪れたいと思ってくれるとしたら、どんなに嬉しいことだろう。
そんなささやかな思いをこめて花をいける時が、今のわたしの最高のひとときなのである。

Filed Under 【いけばな/鋏の音】 | Leave a Comment

[いけばな/鋏の音 4]  『涙のわけ』 紫苑

Posted on 9月 30, 2007

 

すっかり秋になった。
昨日までの真夏日はどこへ行ったの?と言うくらいに、唐突にそれはやって来た。

久しぶりに古巣の流派のHPにアクセスをした。
かつての仲間達はどうしているのだろう。
そんな他愛なく感傷的な気持ちだった。
ついでに、かつての恩師の名前も入力して検索をしてみた。
すると、モニターには懐かしい恩師を囲んだ集合写真が映った。
中央にいらっしゃるのは紛れもなくわたしが教わったH先生だった。
わたしは込み上げてくるものを抑え切れなかった。
それは簡単には説明のつかない涙であった。
単なる懐かしさなのか、その正体は定かではないが、まだお元気で活躍されているということが、たまらなくわたしの胸を打った。
わたしが恩師の元を去って、すでに四半世紀は過ぎたというのに……。

わたしはいけばなが大好きだった。
たとえ何かの理由で中断したとしても、人生の後半にさしかかった時には必ずもう一度いけばなをやりたい、というのがわたしの夢だった。
もしかしたら、子供や孫にそれを伝授できたとしたら、どんなに素敵なことだろうと思ったものだ。
でも、もうとっくにその年齢に達してしまっていることに、ふと笑いが止まらない。
まだまだ、ずっとずっと先のことだと思っていたのに、もうそんな時期は訪れていたのだ。
押入れの奥の方に、大事にしまってあった二級家元脇教授の看板を出して、しばし眺めた。
すっかり飴色に変色した看板には、わたしの雅号が入っている。
この看板に夢や期待を乗せていたことを、しみじみ思い出した。
当時の、わたしの一喜一憂が、見えてきた。
いけばなに心血を注ぐ娘を、背後からじっと応援してくれた両親の気持ちを思い出し、またわたしの涙を誘った。
ずっと続けていたなら、今頃は一級の看板をいただけていただろうに、わたしは途中下車したのだ。
もちろん、そのことは後悔していない。

そういえば昔。
長女がくれたお誕生日カードにはこんなことが書かれていた。
「大きくなったら家をプレゼントするね。母さんがいけばな教室を開けるくらい大きな家だよ」
模型を作って、それにこのカードが添えられていた。
わたしは、子供達に夢の話をしていたのだった。

そろそろ、一からまた始めてみようかな。
時には色恋より、何より最優先していた娘時代の、わたしの習い事。
だから、わたしは鋏を買った。
当時の、十分の一くらいの安物の鋏だけれど、筆は選ばない。
今のわたしにはぴったりなのだから。
秋の雨がしっとりと肌に絡みつく、そんな日にわたしは鋏を買った。

                      ☆

すすき(イネ科)@宇治・平等院 

Filed Under 【いけばな/鋏の音】 | Leave a Comment

[いけばな/鋏の音 3] 花に想う   紫苑

Posted on 7月 13, 2007

ノウゼンカズラ

音楽の向こうに思い出のシーンが浮かぶことがある。
例えば、誰かとバーの止まり木でグラスを傾けていたときに聴いた曲が、突然耳に飛び込んできたりすると、当時のシチュエーションがそのまま鮮やかに浮かんできたりとか……。
余談であるけれど、今は亡き元夫と訪れた彼の行きつけのスナックで聴いた「珍島物語」は、イントロが流れるだけで今でも本当に鮮やかにその時のシーンが浮かぶのだった。
最近、その当時の写真が出てきて、不覚にもほろりと一粒こぼしてしまったわたし。
演歌は苦手なのに「珍島物語」だけには、特別の思い入れがあった。

さて、やはり花を見る時にも、同じようなシーンに遭遇することがある。
実家の庭には母の愛した花木が、母の手で雑然と植えられていた。
その中には一緒に植栽したものもあり、今でもその季節が訪れると、母を懐かしく思うことがある。
母は、物心ついてからというもの、いつも無言で四季の花に関わらせてくれた。
桜が咲けば弁当持参で花見に連れて行ってくれたし、ツツジだの石楠花(シャクナゲ)だの、自生している野や山に誘ってくれるのだった。
道端に咲く花の名を聞けば、ほとんどすべて答えてくれたものである。
草花を、動物を、自然をこよなく愛する母の元で、わたしは28年間過ごした。
だからわたしがいけばなにのめり込むまでに、大して時間はかからなかった。

わたしが学んだいけばなの技法の中に、写実と非写実というのがあった。
言葉通り、非写実は抽象的な技法で植物の出生を無視し、花は色の塊としてマッスで捉えたり、フォルムとして扱ったりと自由で縛りがない。
生まれて初めてチューリップの花弁を裏返したのも、この技法に出会ったときであった。
結局、技法として習得するにはしたけれど、あまり好きにはなれなかった。
非写実の場を踏めば踏むだけ、わたしは写実のいけばなを追及したくなった。
でも、そんな環境の中で、わたしが段々いけばなアートに傾注していったのは、きっと若気のいたりであったように思う。
アートを分かった振りがしたかったのだ。その証拠に当時のわたしは、オブジェ風にアレンジしたり、コラージュに興味をもったりして、自己満足を得ていた。
でも、心からそれらがわたしの心を打たなかったし、他人の作品や作風を見ても、感じるということはなかった。
やはり、自然を取り込んで凝縮した、古来のいけばな(といっても、わたしの流派は現代いけばなであったのだけれど)が、わたしの心の奥底では息づいていた。
そして年を重ねてゆくうちに、その気持ちはもっと顕著になった。

野に咲く花や、風に揺らぐ木々、それらを抱きかかえた大自然には、脱帽してしまう。
最近読んだ立原正秋著『冬のかたみに』の中に、いわゆるハイカラなものに惹かれなかった、という作者の心情を綴った箇所があったが、わたしはその気持ちがものすごく共感できた。
もとより立原正秋の場合は、育ちの良さや知識から来る本物で、わたしとは根幹が大きく異なるけれど、共感を覚えずにはいられなかった。

年と共に、母の気持ちがとてもよく分かるようになった。
気がつけば、母と同じ道を辿っている自分に、母が重なった。

画像は、落花したノウゼンカズラ。
鎌倉・光則寺の山門近くで撮った。
幼い頃、母と花を集めて糸でつなぎレイを作った懐かしい花である。
花の向こうに、母の笑顔が見えた。

Filed Under 【いけばな/鋏の音】 | Leave a Comment

[いけばな/鋏の音 2] 真っ白な時間 紫苑

Posted on 5月 10, 2007

ホウチャクソウ(ユリ科)@光則寺・鎌倉 
わたしはその白い時間が大好きだった。

花器と花材を前にした瞬間、わたしの頭の中は真っ白なキャンバスになる。
失恋した日、両親の諍い、友達との行き違い、仕事上のトラブルなどなど。
それらすべての日常の煩わしさが嘘のように鎮まって、わたしと花との対話がゆっくりと始まるのだった。

例えば、花材からインスピレーションした風景の、わずかばかりの風の動きを指先が察知し、手は魔法にかかったように動き出す。その花材の出生の風景を、情景を切り取って、花器の中に再現するのだ。但し、それは全く同じ風景を写し撮るというのではなく、技法によって遠近や強弱をつけ、極力無駄な枝葉を削っていき作品として完成させていく。

「先生、お願いいたします」
座布団を裏返し座したまま後ずさり、師へその場所を譲った。
師は腕を組んだまま、じっとその作品を見入る。
「今日のお花は、渓谷の情景が手に取るように感じられますね。あなたの作品の全体に流れている間が、とても良いと思いますよ。作品の中からせせらぎが聞こえて来るようね」
などと、こちらの意図が伝わった評価を得た時は、飛び上がるほど嬉しかったものである。

こうしていけ終わった時、わたしは完全燃焼した。
失恋がなにさ、両親の諍いがなにさ、仕事上のトラブルがなにさ。
それらの煩わしいことがすべて昇華し、再び、真っ白で無垢な自分を取り戻せる瞬間なのであった。
少々大袈裟であるけれど、この真っ白な時間さえあれば、「わたしは生きていける」、と勇気が湧いてきたものだった。
それでもこのような境地に達するには、かなり多くの時間を費やしていけばなの基礎を学ばなければならない。何より流派の門戸を叩き、教えを請うているわけだから、当然のことながら避けては通れない道なのだった。

その頃、わたしの身の上には様々な災難が押し寄せて来て、時にはつぶされてしまいそうだったのだけれど、いけばな教室に通うということが、この上なく救いであった。
あそこへ行けば、この切ない思いは満たされる、と自分を奮い立たせ、教室への玉砂利を踏んだものである。
何度も窮地に陥りながら、そういうことを表面には出さなかった。それがわたしの人生の修行なのだと観念もしていた。もちろん、師には一度も伝えたことがなかったし、その窮地を伝えたいとも思わなかった。
ただ、お稽古をつけていただくことが、何よりわたしの慰めであり喜びであったのだから。
悪く言えば、いけばなという世界に逃げていたのかもしれないが、逃げた場所で学ぶことが多かったのも、わたしにとってラッキーなことだった。
誰かに話して救われたり、慰めになったりするのは、青春時代の誰もが経験することであるけれど、わたしはあまり他者へ本心を明かすということをしなかった。それは多分いけばなを通して、自分の中で自浄作用ができていたからだろう。

最近ふと思うことがある。
これだけは誰にも譲れないというものが何か一つあれば、人生の支えとなりうるのだ。
わたしには幸いにもそれがいけばなであり、本当の意味での精神修養の場であった。
今では華道としての活動こそしていないけれど、過去の修行が心の豊かさとなって存在し、何よりそこで学んだすべての事が、現在のわたしの生きる基盤となっている。

Filed Under 【いけばな/鋏の音】 | Leave a Comment

[いけばな/鋏の音 1] 決別 紫苑

Posted on 4月 8, 2007

ハナカイドウ(バラ科)@海蔵寺(鎌倉)photo by sion

今から四半世紀前。
わたしは、花鋏を置いた。
一日の大半を割き、最高の癒しでさえあったいけばなに、決別したのである。

生け花を始めた動機は、かなり不純だった。
当時勤めていた銀行で、先輩が花嫁修業に始めた教室に、好奇心でついて行ったのだ。
そこは、偶然にも小学校から高校まで一緒だった友達の家だった。そのご縁で先生は預金をしてくださるようになり、我が支店の高額預金者となった。更に支店をあげてサポートするようになったので、何が何でもわたしのお稽古は仕事の延長であり、最優先となったのである。
動機はこのように不純であったけれど、わたし自身はすっかりその世界のとりこになり、いつしか毎週金曜日の五時を、何より心待ちするようになったのである。
教室では、単なる花を生けるという技術を学ぶのではなく、女性としてのたしなみをきちんと教わった。門をくぐり、玉砂利の敷かれた道を教室へと足を運ぶときが緊張の瞬間であった。挨拶がきちんとできなければ、その教室には入れてもらえないからだ。
夏の暑いとき、真冬の寒いとき、四季折々、その都度の挨拶を考えて、襖を行儀よく開く。
「先生こんにちは」
深々とお辞儀をし、
「お暑うございます。庭にまかれたお水が涼を呼びますね。お蔭様で身体の中から汗が一気に引きました。本日もお稽古をよろしくお願いいたします」
「暑い中をご苦労様。よろしくお願いします」
と、こんな感じの問答で入室を許され、お稽古が始まるのだった。
生徒は、小学生から老人までいろんな人々が訪れた。その生徒一人ひとりに気を配り、花を生けるという技術のほかに、言葉遣いや挨拶、世間の常識を教えてくださったものである。
先生は、ものすごい美人だった。その上おしゃれで抜群のセンスの持ち主だった。洋服も和服も見事に着こなしていて、一緒に歩いていると必ず誰かが振り向いた。わたしにとって先生はまさに雲の上の存在であった。褒めてもらえると舞い上がり、明日への希望へと繋がるのだった。
そんなわたしは人の何倍も技術の向上に努め、いけばなに関するすべての勉強に日々精進し励んだ。
結果、三年近く先生の助手として仕え、代稽古をさせてもらうようになった。同時に、自宅で自分の生徒に教えたり、出稽古もするようになっていた。
でも、どうしても中央へ進出したいと思うようになった。わたしには無限の可能性や才能がある気がしてならなかったのだ。
周囲の大反対を押し切って、わたしは上京し、あるイケバナ公募展に作品を持ち込んだのである。
結果は、驕りにおごったわたしの鼻を、見事にへし折った。 
鏡と晒しミツマタ、黒布を使った1立米の作品である。テーマは無限。
わたしの中の生け花からは対極にある、野心に満ちた、観念的で中途半端な作品だった。
今思い出しても、愛せない作品だったと思う。
恩義のある先生からは破門され、わたしの一番の癒しだった生け花が一気に色を失って、辛くて苦しいものに変わっていった。
きっと、楽しむというゆとりがなくなっていたのだろう。
自問自答を繰り返し、長い時間を費やして、悔いはないと確信した。
だから、わたしは静かに鋏を置いた。

             ☆

でも、最近わたしの内側がとても静かになった。
もしかしたら、再び鋏を握る日が近いのかもしれない。
なんだか、そんな嬉しい予感がしている……。

画像:ハナカイドウ(バラ科)@海蔵寺(鎌倉)photo by sion

Filed Under 【いけばな/鋏の音】 | Leave a Comment

DRAGON ART CREATOR’S REVIEW • Powered by WP • Management by Kouhei Muramatsu • Logo&Icon Kintaro Takahashi